コラム

投資と種銭の作り方を考察!事業・労働+短期投資(ギャンブルNG)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

投資と種銭(タネセン)の作り方について考えてみた。

投資の年利と種銭(タネセン)について

投資は年利4%と仮に見積もってシュミレーションした。

年利4%のシュミレーション

1億円で400万円の利益を得る。
400万円あるとなんとか生活はできるだろう。

1000万円だと40万円
100万円だと4万円
となる。
これでは生活は難しい。

種銭が多いほど投資の効果が大きいことがわかる。
これが稼いで種銭(タネセン)を貯めましょう。
となる所以(ゆえん)。

投資で稼ぐことはできないのか

稼いでタネセンを貯めるという理屈は理解できるのだが、
はたして投資自体で稼ぐことはできないのだろうか。

長期投資の場合は、年利4%が平均かもしれないが、
短期投資がうまくいくと、もっと大きな利益を得られて稼げる可能性はある。

しかし、
自分の投信ルール(マイルール)を決めて
それに従って実施する
ルールにあった銘柄を選定する
などを守りギャンブルとならないようにすることが重要だ。
これには時間の制約をかなり受けることになる。

長期投資なら、
例えばS&P500や全世界株式1本などのインデックス投資でほったらかし。
これで長い目でみればリターンを得る確率が高い。
短期投資のようにガチャガチャやる必要もない。

短期投資をするデメリットは時間を消費すること。
これを面白いと感じればやってもいいと思う。

短期投資にせよ長期投資にせよ、
投資は確率のビジネスであることを忘れてはならない。

年利4%といっても確実に利益が得られるわけではない、
リスクの範囲において、長い目でみると4%位の利益を得られるだろう
という意味だ。(年利4%はここでの仮の数字)

で、結局なにが言いたいかというと
稼ぐのも事業
短期投資も事業
という感覚を持つことが大切であると思う。



スポンサーリンク

種銭の作り方について

種銭の作る=稼ぐ
となる。

稼ぐ手段は色々あるが、大きく分けて次の3つになるだろう。

  • 労働
  • 事業
  • 短期投資

労働で稼ぐ

労働は一番てっとり早く稼げるが、爆発的に稼げない。
短期間に種銭(タネセン)の1億円を得るということは難しい。
だから、生活を維持する保険のために労働を行うのが良いと思う。

事業で稼ぐ

事業は爆発的に稼げる可能性があるが、当たるとは限らない。
だから、なんか当たりそうな事業はとりあえずやってみてダメならNEXT。
というのが良いと思う。
もちろん、ダメと早期にあきらめずにPDCAと分析は必要だろう。

露天商のノリで色々とチャレンジするのも大いにアリと思っている。

短期投資で稼ぐ

短期投資も爆発的に稼げる可能性があるが、当たるとは限らない。
だから、正しいマイルールを決めて淡々とやってみるのはアリ
と思う。
マイルールは、例えば損切を2ATR迄とか、MACDがクロスとかそんなもの。
単調な作業で面白くないかもしれいし、
損したときは強烈なストレスがかかり、他のことが疎かになる
という恐ろしいデメリットもある。
これらを克服できるのなら良いと思う。

バランス良く稼ぐ

下記をバランスよく実行して稼ぐのは有効な手段だろう。

  • 労働
  • 事業
  • 短期投資

まとめ:投資と種銭(タネセン)を稼ぐ手段について

  1. 労働・事業・短期投資で稼ぐ
  2. 稼いだお金を長期投資で増やす
  3. 稼ぐも増やすも楽しむ

この3つが良い方法だと思う。
特に3つ目の楽しむのは重要。
楽しめない手段・作業は、スパッとやめて違うものに切り替えるのが効果的と思っている。

SEおっさん
SEおっさん
ここまで読んでくれてありがとう!

「記事を読んでもわからないトコがある」「内容が変だよ」
という時は、お気軽にコメントください♪

「もっとSEおっさんに詳しく聞きたい。何かお願いしたい!」
という時は、ココナラまで。メッセージもお気軽に♪


LINEでのお問合わせも受付中!
LINE公式アカウント

メッセージをお待ちしています!



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*