3DCG

Blenderショートカットキーの一覧!初心者が必ず覚えたい5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Blenderは3Dモデリング、アニメーション、ゲーム開発などの幅広いプロジェクトに使用されている人気のあるツールです。
この記事では、Blenderで作業効率を向上させるために役立つショートカットキーを紹介します。
これらのキーを覚えることで、よりスムーズな作業を実現できるでしょう。
はっきりいって雲泥の差です!

『Blenderで便利なショートカットキーは?』

こんな疑問に答えます。

Blenderで必ず覚えたいショートカットキー6選

  1. G、R、S – 移動、回転、スケール

    これらのキーを使用して、選択したオブジェクトを簡単に移動、回転、スケーリングできます。X、Y、Zキーを併用することで、特定の軸に対して操作できます。

  2. A – すべての選択/非選択の切り替え

    Aキーを押すことで、現在の状態からすべての要素を選択または非選択に切り替えられます。非常に便利なキーで、多くの操作で使用されます。

  3. Tab – オブジェクトとエディットモードの切り替え

    エディットモードでメッシュの編集を行うとき、Tabキーはオブジェクトモードとエディットモードの切り替えに使います。

  4. shift + マウスホイールを押しながらドラッグ – カメラを平行移動

    マウスホイールを押しながらドラッグすることで、カメラビューを平行移動できます

  5. マウスホイールを押しながらドラッグ – カメラを平行移動

    マウスホイールを押しながらドラッグすることで、カメラビューを、カメラビューを回転できます。
    視点の調整に重宝します

  6. Ctrl + Z / Ctrl + Shift + Z – 元に戻す/やり直す

    Ctrl + Zで一歩前に戻り、Ctrl + Shift + Zでやり直すことができます。これらのキーはミスを訂正するのに役立ちます。

BlenderとUnityで混同しやすいショートカットキー5選

Blenderショートカットキーの一覧!初心者が必ず覚えたい5選



スポンサーリンク

Blenderでよく使う便利なショートカットキー

Blenderではさまざまな作業に役立つショートカットキーがあります。
以下はその一部です。

エディットモード:

  • Ctrl + Tab – サブモードの切り替え(頂点、エッジ、フェース)
  • E – エッジのループを作成
  • F – エッジまたは頂点の選択で面を作成
  • Ctrl + R – ループカットを挿入

オブジェクトモード:

  • Shift + D – オブジェクトを複製
  • Alt + D – インスタンスを作成
  • M – オブジェクトを別のコレクションに移動

まとめ

Blenderのショートカットキーは作業効率を向上させ、プロジェクトをスムーズに進行させるために不可欠です。
ショートカットキーを覚え、Blenderでの作業を効率化しましょう。
また、自分の作業スタイルに合わせてこれらのショートカットをカスタマイズすることもできます。

SEおっさん
SEおっさん
ここまで読んでくれてありがとう!

「記事を読んでもわからないトコがある」「内容が変だよ」
という時は、お気軽にコメントください♪

「もっとSEおっさんに詳しく聞きたい。何かお願いしたい!」
という時は、ココナラまで。メッセージもお気軽に♪


LINEでのお問合わせも受付中!
LINE公式アカウント

メッセージをお待ちしています!



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*