3DCG

UnityにVRoidをインポートして動かす!アニメーションOK♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

VRoidStadioで簡単にアニメーション付きの3Dモデルが作成できます。
今回は、Unity上でVRoidで作成した3Dモデルをを動かす手順を一つ一つ丁寧にご紹介!

UnityとVRoidを使って、独自のキャラクターを動かす楽しさを体験してみてください。

『Unityで作成したVRoidをどうやって動かすの?』
『UnityへVRoidのアバターをどうやってインポートするの?』

こんな疑問に答えます。

UnityでVRoidの3Dモデルをインポートして動かす!

ThirdPerson(無料Assets)のPlaygroundシーンでVRoid3Dモデルを操作することができます。
3Dモデルのアニメーションもキチンとインポートされるので安心を(スカートもヒラヒラです)

VRoidの3Dモデルを他のシーンに移行する方法も合わせて紹介しますの楽しんでご覧ください。
これらの手順を確認し、自分のゲームプロジェクトに素敵なキャラクターを加えてみてくださいね。



スポンサーリンク

【概要】UnityでVRoidの3Dモデルを動かす手順

  1. UniVRMパッケージをダウンロード
  2. AssetsStoreでStarterAssetsThirdPersonを入手
  3. VRoidStadioで3Dモデルをエクスポート
  4. Unityの作業
    • ダウンロードしたUniVRMパッケージをインポート
    • VRoidの3Dモデルをインポート
    • MyAssetsからStarterAssetsThirdPersonをインポート
    • StarterAssetsのPlaygroundシーンを選択
    • VRoid3DモデルをPlayerArmatureの子オブジェクトへ配置
    • PlayerArmatureのAvatarをhumanoidへ変更
    • PlayerArmatureのプレハブ解除
    • PlayerArmatureの子オブジェクトのGeometryとSkeltonを削除

次より詳細な手順をご説明します。

【前提】Unity上でVRoidの3Dモデルを動かす

  1. VRoidStadioをインストール

    VRoidStadio公式サイト
    Windows版・Mac版・STEAM経由版があるので、あなた自身にあったものをインストールします。
  2. Unityをインストール
    • レンダーパイプラインを「ビルトイン」にする場合:
      Version: 2020.3をインストールします。
    • レンダーパイプラインを「URP」にする場合:
      Version: 2020.3以降をインストールします
      (2020.3でも2021.3でもOK)

(補足:Starter Assets)
Unity2020.3ならレンダーパイプラインはビルトインOK(URPもOK)
Unity2021.3ならレンダーパイプラインはビルトインNG(URPはOK)



スポンサーリンク

【準備】UnityでVRoidの3Dモデルを動かす

UniVRMパッケージをダウンロード

UniVRMパッケージはこちらのGitHubよりダウンロードします。

記事の執筆時点(2024/1)で最新のUniVRMはv0.117.0です。

Unity 2021.3 LTS以上の場合、最新版をダウンロードしましょう。

Unity 2020.3の場合、v0.111.0をダウンロードしましょう。
v0.111.0のVRM 1.0はこちら

AssetsStoreでStarterAssetsThirdPersonを入手

UnityAssetsStoreを開く

StarterAssetsで検索する

 

Starter Assets – Third Person Character Controllerをクリック

マイアセットに追加(Unityバージョンが対象かチェックしよう)

VRoidStadioで3Dモデルを作成&エクスポート

 

 

形式(VRM0.0かVRM1.0)を選択します。
今回はVRM1.0を選択しました。
必須項目も入力してください。

Unity上でVRoidの3Dモデルを動かす手順

Unity上でVRoidの3Dモデルを動かす手順です。

  1. AssetsStoreよりStarterAssetsを登録
    マイアセットに追加するをクリック
    正式名:StarterAssetsThirdPersonCharcterController
  2. UnityのMyAssetsからStarterAssetsをインポート
  3. Playgroundシーンを選択
    シーン格納先:プロジェクトのAssets\StarterAssets\ThirdPersonController\Scenes
  4. インポートしたVRoid3Dモデルをシーン内のPlayerArmatureの子オブジェクトへ配置
    ドラッグ&ドロップで配置する
  5. PlayerArmatureのAvatarをhumanoidへ変更
  6. PlayerArmatureのプレハブ解除(Unpack)
  7. PlayerArmatureの子オブジェクトのGeometryとSkeltonを削除


参考サイト

①UniVRMパッケージをインポート

Assets-Import Package-Cusom Package…をクリック

ダウンロードしたUniVRMパッケージを選択(拡張子unitypackage)

Importボタンクリック

メニューにVRM1が追加されていればOK

②VRoidの3Dモデルをインポート

Assets-フォルダ作成(名前は任意に設定:今回はVRoidとしました)

作成フォルダを選択した状態でAssets-Import NewAssetをクリック

エクスポートしたVroid3Dモデルを選択(拡張子vrm)してImport

③ThirdPersonの子オブジェクトに3Dモデルを配置

メニューのWindows-PacakgeManagerを選択

UnityのMyAssetsからStarterAssetsをインポート

DownloadしてからImportする(画面はDL後)

Playgroundシーンを選択

シーン格納先:プロジェクトのAssets\StarterAssets\ThirdPersonController\Scenes

インポートしたVRoid3Dモデルをシーン内のPlayerArmatureの子オブジェクトへ配置

ドラッグ&ドロップ

PlayerArmatureのAvatarをhumanoidへ変更

PlayerArmatureのプレハブ解除(Unpack)

PlayerArmatureの子オブジェクトのGeometryとSkeltonを削除

自作シーンにVRoidの3Dモデルを移行する手順(前章の続き)

  1. プロジェクトのAssets配下にPrefabsフォルダを作成
  2. ヒエラルキーより下記オブジェクトをPrefabsフォルダへ配置(Prefab化)
    MainCamera
    PlayerArmature
    PlayerFollowCamera
    UI_EventSystem
  3. 自作シーンを選択
  4. 自作シーンにPrefub化した4オブジェクトを配置
  5. カメラの追従設定
    PlayerFollowCameraのコンポーネントCinemachineVirtualCameraのFollowプロパティにPlayerArmatureのPlayerCameraRootを設定

①プロジェクトのAssets配下にPrefabsフォルダを作成

②Prefabsフォルダへドラッグ&ドロップ

ヒエラルキーより4オブジェクトをPrefabsフォルダへドラッグ&ドロップ(Prefab化する)

MainCamera
PlayerArmature
PlayerFollowCamera
UI_EventSystem

③自作したシーンを選択(SampleScene)

④自作シーンにPrefub化した4オブジェクトを配置

⑤カメラの追従設定

PlayerFollowCameraのコンポーネントCinemachineVirtualCameraのFollowプロパティにPlayerArmatureのPlayerCameraRootを設定

最後に

いかがだったでしょうか?

VRoidStadioを使用してアニメーションがついた3Dモデルを作り、Unity上で動かす手順を紹介しました。

Unityの設定やUniVRMパッケージのインポート、VRoidモデルの取り込み、StarterAssetsThirdPersonの活用など、具体的な手順がイメージできたでしょうか。

できるだけ詳しく解説したつもりですが、わかりずらいところもあったもしれません。
わからなかった箇所は、何度も振り返りながら挑戦してみてね♪

今回の記事が、あなたの役に立つことを祈っています!

VroidStadioやUnityの使い方などはUdemyで詳しく学べます。
興味のあるかたは覗いてみてはいかがでしょうか。
体系的に学べるのでオススメです。

多彩な講座から自分に合った講座を探そう!

SEおっさん
SEおっさん
ここまで読んでくれてありがとう!

「記事を読んでもわからないトコがある」「内容が変だよ」
という時は、お気軽にコメントください♪

「もっとSEおっさんに詳しく聞きたい。何かお願いしたい!」
という時は、ココナラまで。メッセージもお気軽に♪


LINEでのお問合わせも受付中!
LINE公式アカウント

メッセージをお待ちしています!



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*