AI

GoogleColaboratoryのGPU変更法!注意点は1つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さん、こんにちは!

GoogleColaboratoryはGPUを無料で使用できるのでスゴイですよね。

でも…

『どうやってGPUに切り替えるのだろう…』

『最初っからGPUなのかな…』

『なんか注意点はあるのかな…』

このような疑問に答えます。


GoogleColaboratoryでGPU設定する手順

GoogleColabは無料でGPUを使用できますが、デフォルトはCPUが選択されています。

GoogleColaboratoryでGPUを使用する手順です。

SEおっさん
SEおっさん
クリックするだけで変更できるけど、
ちょっと分かりづらい場所にあるゾイ

そやねん。
場所がわからんかってん!


  1. 「ランタイムのタイプ変更」をクリック

    メニューより「ランタイム」-「ランタイムのタイプ変更」をクリック

  2. ハードウェアアクセラレータをクリック

    小画面「ノートブックの設定」にある「ハードウェアアクセラレータ」をクリック。

    デフォルト値はNoneです。

  3. GPUを選択

    「ハードウェアアクセラレータ」のラインナップがNone・GPU・TPUが表示されています。

    ここでGPUを選択します。

  4. 保存をクリック

    GPUが選択された状態で、保存をクリックします。



スポンサーリンク

GoogleColabでランタイムのタイプをGPUへ変更時の注意点

ランタイムのタイプを変更すると、ランタイムがリセットされるのでアップロードしていたファイルも削除されます。

SEおっさん
SEおっさん
ファイルを使用する場合は、再度アップロードじゃ

面倒くさいなー

SEおっさん
SEおっさん
確かに、ひと手間かかる。
でも、アイコンをクリックするだけやから
まだマシじゃな。

【簡単】GoogleColabの制限とは?90分と12時間ルール
【簡単】GoogleColabの制限とは?90分と12時間ルール
Google Colaboratoryは無料で使えて便利ですが… 一定時間が経過すると処理が制限される場合があるんです。 制限されると、せっかくアップロードした.....

GoogleColabでGPUを使用する方法:まとめ

SEおっさん
SEおっさん
GoogleColaboratoryでGPUを使用する方法をサクッと紹介しました。
いかがじゃったかな。


ポイントを振り返ってみます。

ポイントまとめ
  • メニューの「ランタイム」-「ランタイムのタイプ変更」からGPUが選択できる
  • ランタイムのタイプ変更したらGoogleGolabにアップロードしてたファイルも削除される

~GoogleColabの使い方はこちら♪~
やさしいGoogleColaboratoryの使い方【5つの基本】

オッサンありがとう!
早速やってみるわ
たろちゃん
たろちゃん

SEおっさん
SEおっさん
ここまで読んでくれてありがとう!

「記事を読んでもわからないトコがある」
「おっさんに何かお願いできないかな?」
という時は、おっさんココナラまで♪



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*